【2016年7月サロン増設】参考になりそうなものを探しに・・・視察その①

増設されるアジアンテイストの部屋に取り入れたいデザイン

2016年7月に増設される部屋のイメージはアジアンモダンです。デザイン会社さんとの打ち合わせでは、内装・インテリア・装飾などを決める段階に入っておりますが、自分たちの目でも色々と参考になるものを探しにホテルや飲食店などに視察へ伺っています。

今回は、視察で得たものや参考になりそうなものを少しご紹介します。

アジアンテイストならではの彫り物の装飾

アジアのテイストで思いつくのが木彫りの装飾ではないでしょうか?日本やバリはもちろん、タイや中国・・・アジアではよく見かけるデザインです。素材は木や石だったり、手掘りのものもあったりと、温かみがありますね。

レストランカサブランカ

ベトナム料理レストランで見つけた木彫りの装飾

タイ料理屋さん

間接照明が映える木の格子装飾

ライムストーンの装飾

ライムストーンを壁一面に貼るとアジアの雰囲気が一気にでます

バリ調の木製家具

バリの家具と言えば木や籐のような編み込んである家具が多いですね。木製の家具は重厚感があり、編み込みの家具はぬくもりのある感じがしますね。新しく作る部屋にはどういった家具を入れようか、まだまだ悩み中です。

アジアンブリーズのいすとテーブル

アジアンカフェで見つけたテーブルとイス

自由が丘家具屋さん

自由が丘で見つけたオシャレなチェスト

 

籐のソファ1掛け

バナナリーフのかわいらしいソファ

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ