【レンタル品追加】使い勝手のイイ物が続々追加!

ネックレスや指輪を安心して置ける場所

ベッドが常設されている801・802号室にアクセサリートレイを用意しました。

マッサージや整体などの施術では、時計やネックレス・指輪などのアクセサリーをはずして頂くと思います。高価な物なので取り扱いには充分に気をつけたいものですね。

カワイイ額縁デザインで、置く面には柔らかいフェルトのような素材。傷付けることなくお客様のアクセサリーをお預かりできます。801・802のワゴンに置いてあるので、ご活用ください。

額縁がカワイイアクセサリートレイ

▲アクセサリートレイ:アンティーク調の額縁がとってもキュートです。

お金をいただくときの、ちょっとした気配り

お客様からお金を頂戴するとき、「現金を直接手で受け取るのに抵抗がある」というご意見を会員様からいただきました。確かにその通りです。

普段、私たちは様々なところで「お支払い」という場面に遭遇します。もしキャッシュトレイがなかったら、どこに現金を置けばいいのか分かりませんし、違和感を感じますよね。

そこで、スマートにお金を頂戴できるようにシックなキャッシュトレイを用意しました。

落ち着いた雰囲気のキャッシュトレイ

▲キャッシュトレイ:廊下のキャビネットの中に置いてあるのでご自由にお使いください。

施術中の腰や背中への負担軽減に!

足枕をふくらはぎの下や、足首に入れて横になると全身の血流がよくなり、「むくみ解消やリラックス効果がある!」とか、「腰痛の緩和に効果がある!」と聞いたことがあります。

お客様が長時間の 施術やエステなどで仰向けになる際、足の下に入れてあげると親切かもしれませんね。柔らかすぎたり、硬すぎずたりせず、様々な形にフィットする物を考えて、足枕にはテンピュールを採用しました!

テンピュールの足用枕

▲802の足用まくら:膝裏やかかとの下に入れてお使いください。

「使用中」 なんとなく安心できるアイテム

各部屋には内側からカギをかけることができますが、「使用中」という札を用意しました。

ホテルには、「おこさなでください(DON’T DISTURB)」の札があります。中に入られては困る時にドアノブに掛けておく物です。

ist Village東京にもホテルと同じように札をご用意しました。ドアが閉まっている部屋は、中に人がいるのかどうかはわかりません。でも、この札が掛っていれば、間違えて入ってくる人はいなくなりますね!

使用中の案内札

▲801・802案内札:使用中に廊下側のドアノブにつるしておけば安心です。

★ist Village東京では、お客様・会員様の声に耳を傾け、より良い環境で皆様がご利用できるように心がけております。些細なことでも、何かありましたら、受付スタッフにお話しいただけると幸いです。

レンタルサロンist Village東京
URL: http://www.ist-village.com
BLOG:http://www.kashi-salon.com/
facebook:http://www.facebook.com/istvillage/
東京都千代田区東神田1-8-11 TEL:03-3866-5677

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ