3つのこだわりポイント!【お部屋のテイスト編】

レンタルサロン ist Village東京のこだわり

こだわって作り上げたイスト・ヴィレッジ東京。他のサレンタルサロンにはない、オシャレな空間。内装や家具、装飾品にも力を入れました。今回のご紹介は「お部屋のテイスト」へのこだわりです。

3つのこだわったテイストにご注目ください。

1. ローラアシュレイ

花柄のローラアシュレイの壁紙で覆われた703号室

ローラアシュレイの壁紙で覆われた703号室

当サロンの看板ともいえる、バラのお部屋。こちらは、イギリスのブランド、ローラアシュレイのデザインによるもの。壁紙やカーテン、テーブルやイスなどの雰囲気が統一され、まるで英国にいるような気分にさせてくれるお部屋になっています。

ローラアシュレイの家具や装飾品を使ったお部屋は全部で3室。全てじゅうたん敷きで、ホテルのような居心地の良さを演出しました。

ローラアシュレイのHPはこちら→http://www.laura-ashley.co.jp/

2. フレンチテイスト

ベッドが常設された802

802号室にはベッドが常設されています

上品で落ち着きのあるフレンチテイスト。壁はグリーンやイエローを基調とし、明るく爽やかな気分にさせてくれるお部屋です。

施術様のお部屋には、スタンドミラーを置き、全身が確認できるようにしたり、施術に使いやすいワゴンをおいたり、イスの座り心地にもこだわりました。

3. ブリティッシュテイスト

オシャレな会議室の801

重厚感のある801号室

落ち着いた雰囲気で、会議やミーティングうが出来るようにと、いろいろなこだわりが詰め込まれた、ブリティッシュテイストのお部屋。

壁は風格のあるダークな色使い。イスもゆったりと座れる大きめのものをご用意しました。

 

居心地のいいサロンをめざして

座り心地のいいイスに座り、温かい色の照明があり、やさしい音楽が流れる。

1つ1つは感じなくても、素敵なひとやモノが集まると、さらにイイ空間が生まれます。お客様にはリラックスして、幸せな時間を過ごしていただけるように、これからも素敵なサロンづくりを目指していけたらと思います。

 

★詳しい用途や、使い方はこちらをご覧ください → ist Village東京ホームページ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ