サロン周辺てくてく散歩 【Vol.1】 江戸文化の中心地 日本橋室町へプチトリップ

江戸の風情を感じる「日本橋室町」

コロナ禍で家から出れず運動不足になりがちな今日この頃、サロン利用後に軽い運動と気分転換におすすめのお散歩コースをご案内します。

今回はist Village東京周辺、「日本橋室町エリア」をご紹介!

サロンから徒歩15分程の場所にあるため、ショッピングや飲食店利用に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

日本橋室町の街並み

伝統と流行が混ざり合い、江戸情緒あふれる街

日本橋室町はどんなところ?

見どころ

日本橋室町エリアには、COREDO室町1・2・3・テラス、三越本店、東京有数の高級ホテルマンダリンオリエンタル東京、国の重要文化財である三井本館などの商業施設や、日本橋千疋屋、にんべんなど創業100年を超えるお店があります。

歴史的建築と近代建築が共存し、老舗の路地の向こうに高層ビルといったユニークな景観が楽しめます。

COREDO室町

歴史ゆたかな街「日本橋」の新たな魅力がつまった「COREDO室町」

魅力

なかでも、老舗店舗から新業態の店舗が揃うショッピング・グルメスポットといえば「COREDO室町1・2・3・テラス」です。

COREDO室町は食とモノによって江戸・日本橋らしい粋の文化を発信する複合商業施設です。

「COREDO (コレド)」という名前は、英語で「核」を意味する’CORE’と「江戸」’EDO’、つまり「江戸の中心」という意味の造語で、江戸の伝統を現在に伝えます。

COREDO室町はそれぞれ1、2、3とテラス、福徳の森の5つのエリアに分けられており、2010年にオープンしたCOREDO室町(現在のCOREDO室町1)に続いて、2014年にはCOREDO室町2、3がオープン、2019年にはCOREDO室町テラスが誕生しました。

★COREDO室町のお店等の詳細は、次回以降のブログで紹介します★

福徳神社の鳥居

福徳の森に隣接する福徳神社は、商売繁盛などのご利益があり、四季折々の植物に囲まれる都会の癒しスポット

歴史

「日本橋」は五街道の起点であり、江戸・東京の商業中心地として栄えてきた歴史・伝統豊かなエリアです。

「日本橋室町」は江戸時代初期から開発が進み、京都の中心地として栄えていた「室町」に町名を由来するとされています。

魚市場発祥の地でもあり、呉服問屋などが店を構えた江戸最大の大繁華街でした。

現在は、大小の企業が立地するビジネス街の中に、老舗の飲食店や商店が数多く残っているため、江戸情緒あふれるエリアとなっています。

2004年に日本橋再生計画がスタートし、「残しながら、蘇らせながら、創っていく」というコンセプトによって、さらに魅力ある街として注目のスポットとなっています。

COREDO室町金魚焼きの写真

次回はCOREDO室町1を紹介します!

サロンからのアクセス

サロンから日本橋室町へ歩いて行く場合のルートはこちら

レンタルサロンist Village東京
東京都千代田区東神田1-8-11
URL: https://www.ist-village.com
BLOG:https://www.kashi-salon.com/
facebook:https://www.facebook.com/istvillage/
Instagram:https://www.instagram.com/rentalsalonistvillage/
サブコンテンツ
テスト

このページの先頭へ