【1万円以下】SNS映えするとウワサのDDDHOTEL

ミニマルでラグジュアリーのDDD HOTEL

DDDHOTELのカフェスペース

DDD HOTELで1番人気の撮影スポット

「必要なものを、必要なぶんだけ、上質なものを」がコンセプトのこのホテル。

実際に泊まってみて、その意味がよくわかりました。

お部屋はとってもコンパクトですが、身につけるものやアメニティにはこだわりがたくさん詰まっています。

それでは、サロンの皆様にもオススメできるDDD HOTELをご紹介します。

究極にシンプルなゲストルーム

DDDHOTELの部屋

白×深いグリーンの壁が落ち着く部屋

今回宿泊したのはミニマルダブルというタイプ (14m²)、ベッドの大きさは1400×1950(1台)のお部屋。

部屋のほとんどがベッドで占めているので、荷物の少ないおひとり様利用がオススメです。

他にもスーペリアツイン(24m²)、スタンダードトリプル(17m²)、スイートルーム(40m²)があります。

また、お部屋にはテレビが置いておらず、本当にシンプルな作りになっています。

ミニマルダブルのバスルーム

コンパクトながらも使い易いバスルーム

こだわりのアメニティやルームウェア

●バスアメニティは、敏感肌の方でも使える植物由来の成分が多く含まれているナチュラルなもので、香りもやさしく使い心地も大満足。

DDDHOTELバスアメニティ

植物由来のバスアメニティ

●この使い捨てスリッパは本当にすごい!今まで泊まったホテルの中でもNo. 1と言っても過言ではないほど履き心地が良くて、ふわふわ。

DDDHOTELスリッパ

履き心地最高のふわふわスリッパ

●良質なコットン生地で、見た目も可愛く、着心地もデザインも妥協しないルームウエア。

DDDHOTEL ルームウエア

ワンピース型のルームウエア

●タオル類は、フランスのラグジュアリーブランド「Descamps」のもので、 柔らかく、厚手で吸水性の高いタオルでした。

●ドライヤーは「Nobby by TESCOM NIB3000」というプロクオリティのものが採用されています。

他には、歯ブラシ・コットン・綿棒・カミソリがありました。※ヘアブラシ・メイク落とし・洗顔は置いてなかったので持参することをオススメします。

ミニマルだけど、肌に触れるもやアメニティなど、上質なものばかり、「必要なものを、必要なぶんだけ、上質なものを」がとても伝わりました。

 大人気のホテルのカフェ「abno」

DDD HOTELの2階にはカフェが併設されていて、朝食がいただけます。

朝食はパンがメインの洋食で、サラダとヨーグルがついています。
ドリンクはコーヒー・紅茶・オレンジジュース・牛乳などがフリーでいただけます。

DDD HOTEL abno

サクサクのパンが美味しい朝食

DDD HOTEL 基本情報

住所:東京都中央区日本橋馬喰町2-2-1
電話:03-3668-0840

公式サイト:https://dddhotel.jp/

アクセス:JR 馬喰町駅(6番C4出口すぐ)
istVillageから徒歩6分サロンからのルート

DDDHOTEL外観

ビジネスホテルをリノベーションして作られたDDD HOTEL

レンタルサロンist Village東京
東京都千代田区東神田1-8-11
URL: https://www.ist-village.com
BLOG:https://www.kashi-salon.com/
facebook:https://www.facebook.com/istvillage/
Instagram:https://www.instagram.com/rentalsalonistvillage/
サブコンテンツ
テスト

このページの先頭へ